ロゴ

カードローンの魅力

カードローンは身分証明書や給与証明書があれば担保がなくても融資が受けられるのが魅力で、収入に合わせて数万円から数百万円まで借りられます。電話やインターネットで申し込むことができ、わざわざ店舗に訪れる必要もありません。

キャッシングとカードローンの違い

返済方法が異なる

キャッシングはクレジットカードの返済日に合わせ翌月一括払いで返済するのが一般的であるのに対し、カードローンは分割払いが一般的です。借入金額に合わせ、自分に合った支払方法を選ぶのが良いでしょう。

審査の方法が異なる

キャッシングはクレジットカードに付帯する機能であるため、クレジットカードが作れていれば自動的に利用できるようになっています。カードローンはまず審査が必要になり、審査に通過した時点で融資が受けられるようになります。

すぐにお金が必要なら即日カードローンがおすすめ

すぐにお金が必要な場合、スピーディーに審査が行われる即日カードローンがおすすめです。最も早いものでは40分程で完了するので、すぐに現金を手に入れることが可能です。ローンやクレジットカードの審査のように時間がかかりません。

便利なカードローンを利用しよう【審査の流れを把握!】

クレジットカード

即日審査のカードローンの特徴

即日審査のカードローンは、銀行系、信販系、消費者金融系に関わらず、名前の知れた大手のカードローン会社が行っているのが特徴です。銀行系のカードローンの場合には、即日融資を受けるためには銀行の口座を持っている必要があるなど、条件付きのところもあります。融資額も、300万円から800万円など高額に設定されているのも特徴です。

クレジットカード

金利が安いカードローン会社を探す方法

一般的に銀行系のカードローンは金利が安く設定されています。安い金利を求めるのならまずは銀行系から探すのが良いでしょう。金利は下限から上限のパーセンテージで表示されていますが、下限ではなく上限の金利で判断するのが賢明です。少額の借入なら、無利息期間のあるカードローンの方が利息総額を抑えられることもあります。

カードローンの審査に通るための条件とは

クレジットカード

安定した職に就いている

カードローンは無担保で融資をするため、審査では返済能力があるかどうかを審査されます。そのため、安定した職に就いていると審査を通りやすくなるのが一般的です。ただ通りたいからと言って優良企業に勤めているとウソをつくのは禁物で、必ずバレてしまいます。

借入に適した年齢

カードローンは未成年は借りることが出来ず、審査に通ることはありません。また、年を取っていればよいというわけでもなく、退職の基準となる65歳以上になると、返済能力がないと判断されるため審査に通らないのが現状です。基本的には20歳以上65歳未満が対象とされています。

返済履歴に問題なし

返済履歴とはカードローンだけではなく、クレジットカードやその他のローンできちんと返済できていたかどうかです。3ヶ月以上滞納したことがある場合はブラックリストにも載るため、審査に通るのは難しくなるでしょう。CICに連絡して情報の開示をしてもらうのも一つの手段です。